「わかっちゃう! 知的財産用語 (特許,商標などの用語解説)」

さかな  わかっちゃう  知的財産用語
特許,商標,著作権 等に関する用語辞典 
さかな


 [音響商標(おんきょうしょうひょう)]

  

 音響商標とは、 音からなる商標のことです。現在の日本の商標法では、音は商標とは認められず、商標登録の対象とはなっていません。



(1)
 日本の商標法で保護する商標は、文字,記号,図形,立体などの目に見えるものに限らてれます。


 しかし欧米では「音」や「におい」などを商標として登録,保護している国もあります。


 CMで流れる短い「ジングル」などを聞けば、「あの商品」,「あの会社の商品」とイメージできることがありますね。つまり音も商標のように機能する場合があるということになります。


 音響商標としては、ジングルだけではなく、変わったところだとオートバイの特徴的なエンジン音(排気音)なども対象となることがあるようです。



(2)
 日本の特許庁でも、「音」だけではなく、「におい」や「動き」等の新しいタイプの商標の法的保護の検討を行っており、2010年の法改正を目指すとのことです。


 現在、ワーキンググループを作って、保護すべき対象や、その具体的な方策について検討を行っており、来年1月頃に案を取りまとめる予定だそうです。


 詳しくは 特許庁のホームページ  を ご覧下さい。



               ☆              ☆

[関連事項と経験談]
 

(1) 
 目に見える「立体商標」ですら、審査は厳しく、登録が難しいといわれていますが、「音」や「におい」となると更に審査が厳しいのではないかと思います。


 ちなみに、「におい」の商標登録を認めている国でも、実際には「におい」の商標登録をした例はごく僅かだそうです。



(2)
 商標登録出願の際には、登録を受けたい商標を特定しなくてはならないのですが、音響商標なら音声ファイルや、録音した記録媒体を提出することになるのでしょうね。


 でも、「におい」となると 難しそうですね。匂いを付着させた物体を提出するというのは、保管や公開の上からも難しいと思います。

 「早朝のカブトムシの香り」 

   とか

 「ごま油で炒めたゴーヤの匂い」

のような言葉での表現になるのかもしれません。


 でも そうなると表現が難しく、ソムリエのような繊細な感覚や表現力が求められるようになるかもしれません。


(余談ですが、私の知人に「ミントの匂い」を嗅ぐと、「ペンギンの匂いがする」という人がいます。ガムのパッケージの影響でしょうね。)


 簡単に「におい」を分析して、どの様な「におい」なのか数値化できるような測定器が普及すれば「におい」を客観的に特定できるのですが・・。

 (ちなみに 調べたましたら こんな装置が有りました。)



(3)
 商標登録の審査や、商標権に関する訴訟では、「商標の類似」ということが問題となるのですが、「音」や「におい」の商標となると、どの様に類似判断するのか興味深いですね。


 審査官や裁判官が目を閉じて腕組みをしながら「音」を聞き比べて「うーん、これは似ているぞ。類似だな。」と判断したり、クンクンと「におい」を嗅いで「これは、ちょっとあとに残る爽快感が違うから非類似だな。」なんて判断したりするのでしょうか?

 そんなシーンをイメージすると なんだかおかしいですね。



さかなわかっちゃう 知的財産用語のトップに戻る



メルマガ(2誌) 好評発行中 (無料)

わかっちゃう! 知的財産用語  (マガジンID:0000098536)

メールマガジン登録
メールアドレス:
★       ★      ★

「商標・サービスマーク」 ど〜んと来い! (マガジンID:0000117418)

メールマガジン登録

メールアドレス:

Powered byまぐまぐ


さかな西川特許事務所のトップページ



遠方からの商標登録出願(商標申請)、意匠出願のご依頼も承っております。

商標登録 の 西川特許事務所


西川特許事務所


  所長 弁理士 西川 幸慶

住所  兵庫県西宮市東山台3丁目9−17
電話  0797-61-1841
FAX  0797-61-1821

Eメール  pat@jpat.net

 メールご意見等 ございましたら こちらまで どうぞ。